リフォーム

リフォームとは、今、住んでいる住宅の改築や改装、特に内外装の改装を差す和製英語です。

住宅リフォームについて

外壁リフォーム

住宅リフォームの主なものとしては
* 雨漏りなどの修繕
* 外壁の取り替え
* 住宅設備(キッチン、浴室などの水周り主体)の取り替え、補修
* 今の住宅の床面積を増やす(これを増築と称する)
* 今の住宅の床面積を増やさずに中の間取りを変える(これを改築と称する)
* 省エネルギー性能の強化(ペアガラスサッシなど)
* 耐震性の強化(補強工事など)
* バリアフリー対応化

他が挙げられる。

一般的には、近在の信用できる工務店を中心にした業者に内容を打ち合わせ、積算、見積もりをもらって工事を依頼することになる。基本的に一品物対応になるため部材の価格は比較的高めになる。また、現物合わせの作業を精度良く行うために「職人の技」と呼ばれるような熟練作業が必要となり、小規模な改装であっても意外に高くつくことも多い。
例えばユニットバス取り付け工事では、ユニットバス自体は工業量産品のため価格は明瞭であるが、それを現物合わせで取り付ける作業は意外と手間取り作業費がかさむことも多くなる。熟練の大工さんなどの個人業者では、ユニットバス自体を定価で見積もりユニットバス販売である程度の利益を見込んでいるので、作業工数が予定をオーバーすることがあっても、きっちり仕事をして貰えることが多い。
工事会社は、費用負担の最も多い設備機器等に利益を載せるケースが多いため、最近では施主が材料を安価で調達し、工事会社へ支給する「施主支給」というシステムを利用し施工するケースも増えてきている。
なお、住宅リフォームを行う場合、築年数やリフォーム業者、リフォーム内容など、条件によっては自治体から補助金が支給される場合がある。リフォームを検討している場合、自治体(市役所)に相談すると良い。
−wiki−
スマートフォンが普及し、androidケータイのユーザーが増えつつありますが、今でもiPhoneでFXをされる方はまだ多く、各FX会社もiPhone対応アプリを次々とリリースしているようです。

国民生活センター

1970年に特殊法人として設立された。2003年10月1日、「独立行政法人国民生活センター法」に基づき独立行政法人化された。 独立行政法人国民生活センター法第3条で、次のような目的が規定されている。 * 独立行政法人国民生活センターは、国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から、国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うことを目的とする。 具体的な業務としては一般消費者からの直接・間接(地方自治体の消費生活センターを通じて)消費生活に関する相談の受付、危害情報の収集、蓄積、これに基づいた情報提供、市販商品テストや結果に基づいたメーカーへの改善などの要請などを行っている。全国の消費生活センター、協力病院から収集した事故情報をもとに作成したリーフレット「くらしの危険」を発行している[1] 内閣府は、現行法では悪徳業者を呼び出せないので、将来的には法改正して悪徳業者を呼び出す権限を付与する方針を固めた。
−wiki−

増築する際に解体工事が必要な場合

 リフォームで増築をする場合に、家の横に設置してあるガレージが邪魔になるケースがあります。
 このガレージ、リフォーム業者にお願いして解体してもらうことは可能ですが、リフォーム業者は自社で解体を行うのではなく、解体専門業者がガレージの解体を行います。
 この場合、増築リフォームを依頼した業者は外注による手数料をとるため、結局、施主としては割高な費用を支払うことになります。
 すこしでも費用を抑えたいなら、リフォーム会社ではなく解体工事専門業者にガレージの解体をお願いしましょう。
 ガレージなら1〜2万円は安く抑えられ、その分、内装工事などにお金を回すことが出来るのではないでしょうか?
解体工事の専門業者 モエレ産業公式サイト→http://www.moere-sangyo.co.jp/